私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

チャイム吠えは危険を知らせている?


アミシアン・ボンディングの2項目めは、
群れが攻撃を受けたり、危険が迫ったりしている場合、
群れを守るのは誰か?

というものです。
手っ取り早く言ってしまうと、
チャイムが鳴ったりお客様が訪問した時に吠えるのは
群れに危険が迫った事を知らせているんだ、ということです。



本からの抜粋です。
犬のこの行動を理解する鍵も、やはり群れの原理にある。
自分を群れのリーダーだと思っている犬は、
巣穴を守るのも自分の役目だと思っている。
だから、こういう場合、犬は正体不明の脅威に反応を示すのである。
誰か、もしくは何かが自分の住処に侵入しようとしている今、それが誰なのか、もしくは何なのか、見極める必要があると犬は考える。
侵入者に立ち向かうのも、リーダーの責任だと思っているからだ。


犬のことばがきこえる (ぶんか社文庫)ジャン フェネルぶんか社このアイテムの詳細を見る






ここではチャイム吠えのトレーニングについては詳しく書きません。
またいずれお話させてください。

アミシアン・ボンディングの項目にこれが入っているということは
すなわち!
犬が自分で責任を負う必要がなくなれば、
チャイムに吠えなくなる、または吠えても指示によって
止めさせる事が出来るということ。
(一切吠えないようにお望みですか?
あなたはしゃべるな、と言われることは理不尽だと思いませんか?)

それを知っていただく事が重要だと思います。

逆に言うとですね・・・
飼い主さんのリーダーシップが取れていなければ
どんなに吠えを止めさせようとしても
犬は飼い主さんの前に出て、吠える事を止めようとはしないでしょう。

で・・・
即効的に
お酢のスプレーなんぞを吹きかけたり
変な匂いのするガスの出る首輪をつけられたり・・・
されてしまいます。

犬をコントロールできるように。
犬が吠えた時に、
「必要が無いよ、でも教えてくれてありがとう。」
という態度で犬を制します。
座らせたり、伏せさせたり。
「静かに」
という指示を出したのなら、吠えやむまで犬の前に立ちはだかってください。
犬の視界に入ることで注意を引きつけられます。
それでも言うことを聞かないようなら、
あなたに注意を払うこともないようでしたら
もう一度最初に戻って基本的なトレーニングとスキンシップをやり直しましょう。