私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

トイレトレーニング(2)

しばらく、トイレトレーニングを続けます。
特別苦労せずに覚える犬もいます。
しつけ本の通りトイレを作り、誘導してそれでOKみたいな犬はいます。
が・・・
ここでは今まさに苦労している方に向けて方法を提案します。
お悩み事はどんどんコメントしてください。
違ったアイディアが得られるかもしれませんし、
話すことで気持が楽になるかもしれませんよ。

                       
 
サークルにシーツを敷いておいたり
部屋の一角に敷いておいて、
トイレの素振りが見られたら、そこへ連れて行く
その方法は、部屋中(遊び場所に)敷き詰める方法で、
トイレの間隔が長くなってきてからの方が良いと思います。

もともとトイレで苦労する犬は、
トイレが近かったり、ショップで長い事ゲージに入っていたりとか
何か理由があるはずです。
なので、そういう犬にはまず
自信をつけさせること(おしっこしても怒られないんだ)
飼い主さんの意図をわかりやすく、
このことに集中していただきたいと思います。

だから、
何度でも言いますが、叱らない。
大きな声を出して、驚かせない。ということです。

また・・・
シーツの上に犬を乗せて、
「ここでするんだよ」
と優しく言ったとしても、犬は
「その上にいることが良いことだ」
と学習するかもしれませんし、
「そこ(トイレシーツの上)は感じ悪い」(不安になる)
と近づかなくなるかもしれません。
言葉は通じませんので。念のため。

急がば回れ、で
おしっこやうんちをすると褒められる、
そのことを強烈にインプットさせてしまいましょう。



わが家はチャーリーがビビリやで、お出かけした時おしっこも
うんちも出来なくて苦労しましたし、
(お家の中ではトイレはとっても楽な仔でした)
ココはココで家の中でも、怖いことや気分が乗らないと
かなり長時間我慢する、という悪い癖があります。
(今でも)
だから・・・
失敗でも、粗相でもいいからしちゃって、
と思うこともしばしばあるんですね。(膀胱炎になってしまいます)
だから・・・

おしっこも、うんちも
わが家ではブラボーなんです。
ご褒美モノなんです。
「出たね~、良い仔だねぇ~」
所構わず、褒めまくりです。
馬鹿馬鹿しいと思われるでしょうけど。