私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

引っ張ればあなたはついていきますか?



引っ張ればあなたは犬についていきますか?

行きません。

そうですか~?
本当に?

あなたの前方、リードを力一杯引っ張る犬の後を
必死でついていく飼い主さんを見かけますが・・・

確かについていっている・・・

結果的についていっている。

ということは犬は
常時首(ハーネスの場合は胴)にテンションがかかること=あなたがついてくる

そう学習してしまっている、
そう考えられると思いませんか?

また、リードの範囲内は飼い主さんの後ろ盾がある
ということで強気になる、場合もあります。

とにかく、最初から
リードを張らせない工夫をしていきましょう。
覚えさせたくない行動は、まず経験させない
ということが一番ですので。

具体的には
犬や人が好きな犬は、早く近づきたいために
走り始めると思います。
そうした時は一緒に走る。
これはあくまで、飼い主さんが力で犬をコントロールできる
(犬が小さい、大型犬だがまだ小さいとか)
場合です。
一緒に走れば、リードが張れることがありません。

お散歩デビュー時は引っ張ったら立ち止まったり
くるりと方向を変えて飼い主さんの行きたい方に進む、
という方法はやめたほうがいいと思いますので。
理由は、お散歩は楽しいものだ、
ということを植えつけさせたいから。

まず、だっこ散歩等でお外の刺激に慣らし
興味を持たせて、歩く意欲を育ててあげましょう。
そうすれば、歩きたい、興味のあるものに近づきたい
という健全な成長を促せます。

間違っても、ワクチネーションが完璧に終わるのを待つような
ことはしないでいただきたいです。

社会化の扉はある時期、突然と閉ります。

それがワクチネーション終了と、お散歩デビューに
重なった時、
歩かない
または
家に帰りたいためにリードを引っ張る
ことにつながってしまいます。