私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

甘噛み対策実技編(4)

さてさて、今日は仰向け抱っこです。



なんのテクニックも必要ありません。
ただこうしてお膝の上で仰向けにさせるだけです。

生まれ持ってこの体勢をしても何にも嫌がらない犬が
います。(チャーリーがそうです)
ここで、みなさんの思い込みを覆すような事を言いますが
まあちょっとスルーしてやってください。

この体勢・・・
服従を現す体勢で、飼い主のリーダーシップを高め
将来的な問題行動の抑止になる。???

なりません
私はそうではないと思っています。
チャーリーがいい例です。
上の写真のようにだらしなくくつろぎ切っていますが、
そこに知らない犬を登場させたら?
・・・
吠えまくります。

○○すれば絶対○○である、
それは違うと思います。

では、何のためにこの体勢を取らせるのか?
ということですが、犬のためになるからです。

まず、飼い主さんに抱かれて気持がいい事を学べます。
お手入れの時もさっと仰向けにできれば楽ですよね?
大型犬でもフセさせてごろんと仰向けに出来たら
ブラッシングとかに便利でしょ?
第一、犬に自信がつきます。
お腹を見せるということは不安感がいっぱい。
でも、こうしていれば飼い主さんが優しく
「いいこだね~」
と声をかけてくれるとしたら?
気持ちよくて、甘噛みなんて忘れてしまうと思いますよ。
何かができて、褒められれば
犬はどんどん褒められる事をしようとします。
素直ですよね、犬って。
そして、褒められる事が自信に繋がるのです。


では、仰向け抱っこのポイント。
仰向けにした時に暴れても、
「よしよし」
と声をかけない。(肯定したことになります。暴れる事を)
暴れた時はなでてなだめるのもダメ。
無言で拘束です。
間違っても暴れるからといって解放しない事。
暴れて解放すれば、暴れればOKということを
教えている事になります。
少しでも静かに出来たら、タイミングよく褒めてあげてください。

ただこれの繰り返しです。