読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

恐怖症:人間の思い込みを捨てられるか


誤解していただきたくはないのですが、
慰めない=冷たく接する
のではありません。

人間はとかく感情的になりやすく、
犬がパニックになると、飼い主さんの方がさらに
パニックになっていること非常に多いと思います。
または、心配しすぎて過剰に反応する・・・とか。

とりあえずご自分のパニックをなんとかしましょう。
落ち着いてください、ということです。
例えば、犬がパニックになったとき、あなたは人が何を言っているか
わからない状態になりませんか?
それはもう、一種のパニックです。
深呼吸をお願いします。

ではまた、シーザーミランの本からの抜粋です。お勉強します。

犬の恐怖症を引き起こす原因はわからなくとも、
恐怖症を悪化させるものが何かはおわかりでしょうー
そう、不適切な場面で愛情を注ぐことです。
子供が怯えていたら、その子を慰めてあふれんばかりの
愛情を注ぐのは人間の心理です。
犬が怯えていたら、慰めてあふれんばかりの愛情を注ぐのは
犬の心理には適いません。
犬は別の犬が怯えていても愛情を注いだりしないのですから!

  あなたの犬は幸せですかC. ミラン,メリッサ・J・ペルティエ講談社このアイテムの詳細を見る



前の無駄吠えのところで、抱っこはOKだとお話しましたよね?
しかし、それは抱っこして慰めることではないのです。
そこのところは理解していただけてますか?
吠えるという脳の興奮状態を抱っこと言う拘束技を使って
吠えをとめる、ということです。

「かわいそうで見ていられない」
からといってあなたの不安を安らげるために、
犬をなでて、大丈夫だと声をかけていませんか?

ココは、頑張りやさんです。
大きな犬に追い掛け回されても私は手出しはしません。
(もちろんリードがついた状態です)
相当相手の犬と飼い主さんの制御が利かないと思ったときのみ
抱っこで回避します。
いつも抱っこでは、ココのプライドと自信が
粉々に砕け散ります。
乗り越えることで生き生き、自信たっぷりに家路に向かいます。

「わたしは、やったわ」by ココ

なにをやったかは、定かではありませんが・・・
とにかくやったのです。
態度を見ればわかります。

ということで、手を出したいけど我慢して
立ち直る、パニックから我に帰るのを
待つことしかできないのです。
音に恐怖症状を現す子には慰めは重荷です。

まだまだ・・・
続きます。