私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

お散歩デビューの前にしておきたいこと


今日はお散歩デビューの前に
ぜひ日課として行ってほしいことを、お話してみたいと思います。

まず、一つめ、
だっこ散歩です。12月28日の記事をご覧ください。

二つめは、足の裏の感覚に慣らすために、いろいろな素材の上を
歩く練習をします。
買い物のビニール袋のうえ、本を乱雑に置いてジグザグに歩かせたり
お風呂場に水をまいてその上を歩かせる、金属の上を歩かせる・・・
等です。

三つめは、首輪、リードに慣らすことです。

首のまわり、顔の周りは非常にデリケートです。
たとえ飼い主さんが触りなれているといっても、首輪をつけると
意外に嫌がったり、後ろ足で掻いたり、転げまわって取ろうとしたり
するものです。
犬にとっては異物であるからですね。
なのでたとえ嫌がったとしてもあせらず、あきらめずに
行ってください。

まず、首輪にはあらかじめリードを付けておいてください。
そうすれば、装着は一回ですみます。
お膝の上に犬を乗せるようにしてあごの下から
首輪をつけます。上から覆いかぶさるのはNGです。
次に、リードを付けたままの状態で遊んだり、ご飯を食べさせたり
おやつを食べさせたりします。
それで、リードの存在に慣れたら、リードを持って
お部屋の中を歩きましょう。
リードを離して自由に歩かせるのもいいですね。
軽くリードを引っ張ってみてもいいでしょう。ただし
引っ張りすぎはリード嫌いの原因になります。

え~っ、そこまでするの~
と、思います?
お散歩に苦労しない犬の飼い主さんはとかく
甘やかしだとか、もっと大胆でいいのよ、とかおっしゃいますが・・・
楽な犬ばかりではありません。
ご自分の犬が問題なくても、それはたまたまであったと認識していただき、
間違っても公園で、大胆説を唱えないようにしていただきたいと思います。