私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

トイレトレーニング

 

最近はあまり見なくなりましたが、
飼育本や、トイレシーツのパッケージの裏に
「失敗したら、そこに鼻をこすりつけて
いけないことをした、と叱る」
と書いてありましたよね。

またトイレの相談を受けていると
「叱っても全然できないんです。」
とおっしゃる・・・
では、どうやって叱っていますか?
と聞くと上記のとおり、こすりつけ、
しかも叩く・・・

トイレトレーニングに大切なのは
叱らないこと
です。

「え~っ」
ですか?
「私は叱って成功しました。」
ですか?

ではもう一度。
叱らないでください。

失敗したのですよ?

あなたがもし失敗した時叱られたら?
とても情けない気分になるのではないでしょうか?

失敗しても何も言わず、
成功したら大げさにほめ、
ご褒美を与える


これを基本とします。

もともと、犬は人間の決めたトイレで用を足す、
など思いもよらないと思います。
本当に大切なことは、失敗をさせない、ということです。
トイレ時間を管理するのですね。
おうちに迎えてから、しばらくは
つきっきりで教えられる環境であればいいのですが・・・

このブログにもいつもきてくれるまるちゃんママさんのおうちに
とうとうまるちゃんがやってきました。
サークル選びも感心しましたが、
初めてのトイレもGOODです。
その様子はキャバリア共同生活♪のまるちゃんが到着した記事を確認してください。
お見事です。
とか書いてるうちにまるちゃんママさんから相談事が・・・
サークルの外では失敗続きだそうで・・・
まあ、しょうがないですね。おむつをはずした赤ちゃんのようなものですから。
でも、あまり頻繁におしっこの場合は膀胱炎の心配もあります。
獣医さんにご相談をお願いします。

        

うちでは、今になってもうんちやおしっこの後に
おやつをあげるようにしています。
そうすると、急いでいる時など早く済ませてもらえて
便利です。
おやつほしさに、競うようにしますので。

落ち着いて用足しできる環境を整える。
失敗を責めない。
おしっこ、うんちの行動に、言葉をかぶせて
言葉を覚えさせてください。

「おしっこ、うんち」の言葉で用を足せるようにすると
後々、とても便利です。




補足:犬は足の裏の感覚でトイレをを覚える(認識する)ようです。なので、トイレシーツによく似た感触のカーペット、マットは、失敗の原因になりますので片付けておいたほうがいいですね。