私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

ドッグラン


ドッグランの設立に積極的な自治体と
消極的な自治体。
積極的な飼い主さんと
消極的な飼い主(私)。

ドッグランがあれば犬の散歩が楽になる
と思っていますか?
飼い主さんたちはおしゃべりに夢中になれるし
犬たちは自由に犬どうしで遊べる、
そう思っていますか?

結論から先に申し上げてしまうと、

ドッグランは危険
です。

貸切でご自分の犬たちだけ、
もしくは気心の知れた仲の良い犬友達と、
または必ずトラブルを制止できる人間がいる、
すべての犬が飼い主のコマンドに従うことができる

この条件を満たさない犬、飼い主さんのための
ドッグランは常時トラブルを起こす危険が
あります。

ご自分の犬は他の犬と上手くやれる、
とお考えの飼い主さん、
多くの犬は自分のお尻の匂いかぎをされることを
いやがります。
これが大体、けんかに発展しやすいのです。
自信のある犬は
堂々と自分の匂いをかがせますが、
自信のない犬は、逃げ回る、相手を見つめる等
犬の世界では無礼な振る舞いをしがちです。
また、人間側が、そのことを理解していないと、
なぜけんかが起こったのか、わからないし、
けんかの始まりそうな気配を察知できないのです。



ですので、ドッグランにお出かけの場合は
マナーを守り、
自分のわんこから、目を離さないようにしましょう。