私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

アイコンタクト


あなたのわんこは名前を呼べば
喜んであなたを見上げますか?

OK 

では、おもちゃで夢中に遊んでいる時など、注意が
他にある時、呼べば振り向きますか?

どうでしょうか?

なかなか、難しいと思います。
が、これは、コミュニケーションの
基本ですので、いろいろな場面で
楽しげに名前を呼んで、わんこを振り向かせましょう。
飼い主さん引力を強力なものにしましょう。

えっと、アイコンタクト、でしたね・・・
上記の振り向かせる事がアイコンタクトだと
考えている方が多いのではないでしょうか?

私も以前は勘違いしてました。

が、違います。

アイコンタクトとは、犬が自ら飼い主に注目
することをいいます。

いろいろな飼育本に共通の教え方は、フードを
使って、一度犬の鼻先にフードを持っていき、次に
飼い主さんのあごの下あたりに持っていって犬の
視線を誘導する、という方法です。
これが一番簡単な方法ですので、試されるといいと
思います。

この時注意して欲しいのは、無言で行う、ということです。
心のなかで名前を呼んでください。
ちらっとでも見たら、タイミングよく褒めてあげてください。
犬はどんどん自信がつきます。

これができ始めると、いけない行動をとった時に
今まで「ダメよ」と叱っていたのを
叱らずにすむようになるんですよ。
あなたに褒められることで自信がついてきている時に
見上げたら無言の飼い主さんが怖い顔をしている・・・
「OK」って言ってもらえないし・・・
???
行動が間違いであることに気付いてくれたらOKです。


犬自ら行動を起こす、その行動が正しければ、褒める、
間違っていたら、無反応、だまって、犬に考えさせて
みてください。

何かを教える時、指示は1回、穏やかな声と態度で。
何かを教える目的は、犬との関係作りのため。

楽しく

楽しくない、と感じたら、
また明日にしましょう