私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

セブンスマンス クレイジー


この言葉、お聞きになったことありますか?
トレーニング関係の方は、よく知った言葉ですね?

私、数年前は、JAHAの家庭犬インストラクター
を志していました。
その講習会で、テリー・ライアン先生の口から
この言葉が、発せられたのです。

そのときの様子を・・・

テリー先生:「何か質問はありますか?」
講習生のKさん:「先生、うちのラブラドールなんですけど、
 まだ、パピーなんですね。ついこの間までやんちゃながら、聞き分けの
 いい子だったんですけど・・・。最近なぜか反抗的で困ってます。
 しつけ方も変えていないし、何がいけないんでしょうか?」
テリー先生:「セブンスマンス クレイジー」


要するに、7ヶ月期のクレイジー。
7ヶ月目、社会化期が終わり、
そろそろ自立にさしかかる時期の変。なのですね~。

社会化期、4ヶ月頃まで(犬によって期間に差があるみたいです)
の期間のことをいいます。
社会に慣れる時期です。
この時期には、警戒心がまだ現れる事が少ないので,いろいろな事に
慣らす事が簡単です。
まだ警戒吠えも出ないですね。(例外もありますけど)
「うちの子何にもしていないけど、特別いたずらもしないし、
いい子なのよ~」
と、うかうかしていられる時期でもあります。

が!

犬をあなどるなかれ。

飼い主さんがもしいつも一貫性のない態度で、わんこに接していたら・・・

犬はあなたを、一貫性のない人だ、としっかり学習します。


この時期、何をすべきか、何をしてはいけないか、
パピートレーニングについて、次回よりお話します。

子犬を迎えた方、今まさに格闘中の方、もう成犬だけど
もう一度しつけについて考えたいかた、どうぞ、
お見逃しなく