私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

歩行トレーニング

ゆる~い歩行トレーニング

昨日の動画をご覧になっていかがでしたか? 服従訓練の経験の長い方には分かり難いかもしれませんね。 また、きっちり横をつけて歩くことを望む方には 受け入れがたいものかもしれません。 すべてを心地よい物にする。 名前を呼ばれる、 リードが張れてしま…

ターゲットを絞る

避けられない場面が出てくるから困るわけですよね? そういう状況を何とかクリアーしたいために、トレーニングを頑張れるわけです。 ということで、何とかクリアーするために大切なものは? 何でしょう!? それは、ターゲットを絞るということです。 ターゲ…

歩行実践編

普段歩く人通りの少ない道、 興奮する物の少ない道、 トレーニング場所 こういう場所で、歩けるのであればOK? う~ん、 クリアーさせていくこと、乗り越えること=自信ですので、 ちょっと大変かな?と言う場所でも、我に帰れば 案外スムーズに歩けるもの…

「歩かない」と「引っ張り」の微妙な関係

社会化に不安がある犬は、 怖いな、経験したことがないものに出会うと、固まるか反対に逃げ出すか。 これが現れるのが、お散歩での座り込みと 引っ張りです。 別物というより、むしろ表裏一体。 社会化の不足、経験不足ですね、それによる お散歩中の固まり…

チャーリーと歩いてみました♪

そら母さん の撮ってくださった動画でお勉強しましょう。 (チャーリーは特に服従トレーニングをしたわけではありません。 毎日の遊びやお散歩の中での積み重ね、のみです。 これが私のトレーニングに対する考え方ですから。) 最初に問題! 私的に、この動…

無視こそが人の示せる権威です

リードを持つ手はいつも力を入れないようにしてくださいね。 手の中でスルスル動くくらいがいいです。 咄嗟の時、力を入れてもすぐに押す、と言うか緩めていただきますので 本当は手は痛くないはずです。 全く痛くない、ということはないでしょうけど、 やは…

犬にプレッシャーを与えない脚側歩行

おやつ、もしくは言葉がけで犬がこちらを注目するようにします。 たるんだリードは絡みやすいので、優しくリードをはずしますよ~。 13秒くらいまでは、かなりリードに噛みついて絡んできますね、ルナちゃん。 一言も叱っていません。 何がダメなのかと分…

テクニックの奥の意識

赤い橋を渡ると二の丸広場です さてさて続きますよ~。 って・・・今日はちょっと横にずれます。 この頃のルナちゃん、やんちゃな盛りの頃ですね。 ラブラドールは犬の中でも痛みに鈍感な方と言われていまして・・・ 結構厳しい訓練にも尻尾を振り振りついて…

さあ犬と歩こう!お散歩に行きます!

さあ! お散歩に行きますよ~。 首輪とリードを装着された犬、玄関の前でバタバタ、 ガウガウ・・・リードを噛み噛み・・・ リードの持ち手をつかもうとした飼い主さんの手をめがけて、バクッ! 「痛~~~い!!!」 普通、痛いので、痛いと発してしまいま…

歩行トレーニングはリードさばき

かなり過激な発言ですけど、 用意はいいですか?(爆) というか、気に入らない方は軽~くスルーでお願しますね。 私が現時点で良い、と思う方法をお話ししています。 やってみよう、と思われる方が試せばいいだけのことですから、 その点はお願いたします。…

リード噛みにお悩みですか?

私のところにいらっしゃる方の検索でも上位に入る 犬がリードを噛む ですが・・・ これ、どうしてでしょうね? リードを咥えて、頭をブルブル。 「うちの仔、病気でしょうか?」 とか。 お悩みの方は多いようです。 まあ、お散歩に出かけるときに、噛んで噛…

脚側への誘導が必要なわけ

脚側歩行・・・ 服従訓練として捉えないようにお話していますけど、 普通に犬を飼っている方々にも興味を持っていただけるように。 犬との気持ちのやりとりですので 引っ張りの予防、矯正にもなりますよね。 興奮がマックスになる前に横につけてホールドラッ…

名前を呼ぶ・楽しく歩く

別に用事はなくても名前を呼ぶ♪ 匂い嗅ぎに夢中、おしっこもしたいけど 呼んだら振り向くよ http://www.youtube.com/watch?v=zHTfrIDsZR0 たま~におやつなんてあげちゃったりする。 そして極めつけは、 脚側を教えるのには犬の後をついて行く。 引っ張りす…

マッテ♪行動に言葉をかぶせる

ということで、嫌々ではなく 楽しく行動して、しかもそれが反射的に出来るように 前に出ていても引っ張らない、 呼んだら脚側に戻る、 この2点をトレーニングします。 で、トレーニングしていきましょうね。 ですが・・・ トレーニングのためのトレーニング…

脚側が安心できる場所であるために

脚側歩行を練習する、 いわゆるトレーニングですけど・・・ 昨日お話ししましたように、 脚側を教えるのに、前に出たい犬を無理やり引いて そばにつかせる、 このトレーニング過程を書いてみましたがいかがですか? 以下、青文字で書いた部分です。 脚側歩行…

なぜ、脚側を教えないのですか?

もう少し、脚側トレーニングを考えます。 脚側は必要ないと思っている方に、 楽しく行ってほしいと思うからです。 また、なぜトレーニングをするかの意義を認識していただきたいから。 この意義は、 呼び戻し、自信、飼い主さんのそばでの安心感につながり …

脚側への誘導のポイント

指定の位置に誘導する、 ということと 飼い主さんの元に誘導する、ということ。 これを考えましょう。 呼び戻しにしても、興奮状態の犬を飼い主さんの元に来させる、 という非常に難易度の高いことを犬に求めるわけですよね。 いきなりオフリードで試しても…

横につかせるためのはじめの一歩

火曜日の基礎トレーニング(土曜日も同じことをしますが)で 地面に描いた円の中に、犬を誘導して座らせる、ということをしてみました。 これはいろいろ応用ができて たとえば、 障害物を飛び越えさせるとか 城址公園には座り心地の良さそうな上が平らな石が…

リマインダー

私の歩行トレーニングの理想をお話させていただきます。(笑) リマインダーとは・・・ 私はトレーニングの中では、チェックと呼んでいるリードの合図とか、 名前を呼ぶ、というのもそうです。 引っ張りの矯正の「木になる」ってのもそうかな。 何かを思い出…

歩行トレーニングはじめの一歩

Pan君が最初に小田原にやって来てくれた時の動画です。 去年の11月ですね。 Panさんがセンス良くYouTubeにアップロードされたものを共有させていただきました。 5分近くの歩行デモ パピーちゃんにとっては集中できるぎりぎりの時間かな~? 拾い食いと飛…

歩行トレーニングの心構え的お話し

ある日のお散歩トレーニングでの写真です。 私がリードを持たせてもらっているのは、ルナちゃんです。 この時は、リードをたるませて腰を落としてショックを与えないように 引っ張りを矯正する、リード使いをしてみた写真です。(確か) ルナママさんのリー…

ついて・あとへ・ヒールへの道は最初が肝心

今日は脚足歩行につてです。引っ張りの強い仔には、引っ張りの矯正として大切な項目ですね。ですが・・・引っ張りの矯正については以前にも書きましたので引っ張りの矯正カテゴリーを参考にしていただくとして今日は、意識の問題のお話ですね。何頭かで一緒…

木になる(チャーリーの動画つき♪)

引っ張りの矯正でもお話ししてきました、「木になる」覚えていらっしゃいますか?犬が前へ前へ・・・これはお散歩が楽しめている証拠でもありますのでむげにリードを引いて矯正することは私的には好きではありません。ただ・・・横について歩くことができな…

歩行トレーニングのポイント、チェック点

またまたはなちゃんの動画をご覧いただいて、ポイントのチェックをしていきます。この黄色のリードは3メーターあります。自由に匂いかぎをさせる時は、伸ばして使います。小型犬は体も小さく、地面近くにいるので、長めのリードが使いやすいです。大型犬の…

はなちゃんと歩いてみる

見ていただきたいポイントはいくつかあります。(今日と明日でお話ししていきます)まず、リードのたるみ具合ですね。はなちゃんはどちらかというと、思い通りにいかないとイラッとしやすいタイプ。体が動くので、人に合わせるのがイライラするんでしょうね…