私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

犬も心の発達という視点で

犬をずっと飼ってきた、また問題に取り組んで到達した方たちが

そうだよね!

と共感してくださっている考え方。↓

 

 家の中で犬が後追いして困る。

っていう飼い主さんからのご相談。

 

なぜ困るのですか?

 

分離不安症と言われた。

 

という理由や後追いはいけないこと、という考え方が皆さんの中に定着しすぎているからではないでしょうか?

後を追わない犬は育てるのに難しいですよ。コンタクトを取るのが難しいから。

まずは愛着を。

犬にも心の発達という視点を忘れないようにしたいです。

 

追いかけてきたらゆっくり歩く、とか止まるとか・・・。

すると犬は追いかける→相手の反応

ということで行動は強化されます。そういう行動の視点ではなく

追いかけさせてあげたらいいじゃない?

たまたま飼い主さんが止まったところで追いついた、これが暮らしでしょう。

それで問題ないと思います。

 

 

charliemama3.hatenablog.jp

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

わが家のココちゃんも迎えた当初すでに5か月でかなり後追いしていましたが、何も気にせず普段通り。

そのうちチャーリーたちと寝ていることを選んだし、一匹になっても何も問題なかったです。

応援よろしくお願いいたします!

 

犬から見た世界

夜、といっても5時過ぎに撮った小田原のお堀端の大イチョウの樹です。

年末年始に向けてのワンちゃんのオブジェが飾られてます。サンタワンちゃんを探せ♪

という商店街のイベントも兼ねてるみたい。

 

f:id:charliemama3:20171208085405j:plain

毎日チャーリーとココとお店に通った道。見上げてた樹だね。

お友だちのお手紙が置いてあるので熱心にお返事してたっけ(笑)

 

 

犬から見た世界―その目で耳で鼻で感じていること

犬から見た世界―その目で耳で鼻で感じていること

  • 作者: アレクサンドラホロウィッツ,Alexandra Horowitz,竹内和世
  • 出版社/メーカー: 白揚社
  • 発売日: 2012/03/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 68回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

 「犬から見た世界」

犬になって見る、とはどういう感じなんだろうか?を大切にできると

犬の扱いが改善されるでしょう。

犬と接する人が進むべき方向性だと思います。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

DMMオンラインサロンAWARDの投票が始まりました

チャーリードッグスクールはオンラインドッグスクールというものを開校しています。

それって何するの?ということですが・・・。

毎日メルマガのようにしつけ理論や方法論について気づいたことなど発信しています。

またサロン入会者にはメールカウンセリングを無料で行っています。

他のスクールと一体何が違うの?

ということですが・・・。他を知らないから違いって言うのも言いにくいのですが

言いますが( ̄▽ ̄)

社会化をメインにしているということ。

 

「正の強化」

はまったくもって当然のことで、その前に、叱らない、嫌悪刺激を使わないということ。

後、最も大きな点は

古典的条件づけ、しかもポジティブな古典的条件づけ(ポジティブクラシカルコンディショニング)を重視していること。(=だから叱らないのです)

二次強化子(条件強化子)を作りそれで対応するメソッドを研究しています。

もちろんお散歩トレーニングやリードワーク、座学でのオフラインの場のトレーニングが主体ですが、サロンもリアルでの場もまったく同じ。

言ってることとやってることが違う、ということがありません。

 

犬の世界はビジネスも絡んで、悪意が渦巻いていたりしますが、傷つきやすい飼い主さんを善意に結び付けたいという思いも強くて、だから力づける内容をせっせと書いて、飼い主さんの心の安心のツボに安心感温かい気持ちが溢れるように、そんなところを目指して、困難に立ち向かえるようにサポートして行きたいと思っています。

せっかく迎えた犬たち、楽しむために迎えた犬と楽しく暮らせるために。

 

リンクはDMMオンラインサロンAWARDのお知らせと投票のお願いです。

よろしくお願いいたします!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村